かつおだしの素

料理に自信が持てる
『かつおだし』をお手軽に

昭和48年に誕生した『かつお風味だしの素』。これまでに多くのお客様にご愛顧いただき、今や日本食品工業を代表するベストセラー商品になりました。お客様からも”親子代々で使っている”との嬉しいお声を多数いただいています。

『日食かつお風味だしの素』の主役は何と言っても「かつお節」。
鹿児島県枕崎の漁港に届いたばかりの鰹をさばき、薪の炎で14日間燻し、冷ましを繰り返す昔ながらの製法を今も続けています。
そうして手間と時間をかけて出来上がった鰹節には天然の風味と旨味がぎっしりと凝縮されています。

味噌汁に、煮物に、鍋物に。日食かつお風味だしの素を毎日のお料理でご利用ください。
素材の旨味を引き出し、お料理のクオリティをグンと引き上げます。

かつお風味だしの素ラインナップ

かつお風味だしの素

かつお風味だしの素

日食かつお風味だしの素の出発点。旨味が凝縮したかつお風味。だしを必要とするあらゆる料理に使える万能タイプの「だしの素」です。

かつおリッチだしの素

かつおリッチだしの素

荒節と本枯節、2種類のかつお節を30%以上配合。より薫り高いかつお風味を楽しみいただける「だしの素」です。

新だしの素イメージ

新だしの素

かつお風味だしの素に椎茸の旨味と風味を加えました。より上質な和の風味をお楽しみいただける「だしの素」です。

かつお節へのこだわり

手間と時間のかかる昔ながらの製法でかつお節を作っています

だしの素

職人がさばく 獲れたてカツオ

鹿児島県枕崎の漁港で水揚げされた新鮮なかつおを、職人たちが手作業ですばらく捌き、下準備を行います。

だしの素イメージだしの素イメージ

かつおを燻し旨味を凝縮させる

捌いたカツオを時間をかけて丹念に燻します。約14日間、薪の炎で燻し⇒冷まし⇒燻し⇒冷ましを繰り返しかつお節内部の水分量を調節。かつおの薫りと風味を存分に凝縮したかつお節が出来上がります。

だしの素イメージだしの素イメージ

サラサラ粒へのこだわり

シルクのようなサラサラ質感の粉末、顆粒にこだわる

『日食だしの素』の特徴であるシルクのように滑らかで、サラサラな質感の粉末・顆粒。昭和48年の販売当初から変わらない『日食だしの素』のこだわりのひとつですが、その実現には様々な問題がありました。粉末・顆粒だからこそぶつかる湿度との戦い。旨味を主張し合う原材料との調合バランスの難しさ。何度も試作を繰り返して今に至っています。

使い方

味噌汁でご利用の場合、 1グラムで約1人前が目安です。 だしの素の種類によってグラム数が様々ですので、1袋4グラムの場合約4人前、10グラムの場合で約10人前を目安にお使いください。 あくまで目安ですので、具材の種類やお好みに応じて使用量を調節ください。

かつお風味だしの素 ラインナップ