かつお風味だしの素

かつおだし

感動しなけりゃ
日食じゃない

日本高度成長期の1973年に誕生した
風味豊かなかつおだし。

例えば、一杯の味噌汁。
一口目で”ホッ”と和み
二口目で”やっぱりこれ!”の
悦びに変わる。

祖母、母、子の親子三代で使っているとのお声を多く頂く
日食を代表するだしの素です。

ご購入はこちらから

3種の個性 赤白青のだしの素
お得なケース購入も公式サイトならでは。
だしの素

香り・旨味・コクの調和

昭和48年誕生のベストセラー商品。鹿児島県枕崎産の伝統製法から作られるかつお節を主役に、昆布の旨味を利かせました。クセがなくまろやかで、和・洋・中華と、どんな料理もおいしく仕上げる万能タイプのだしの素です。
(タイプ:粉末)

※原材料にアミノ酸等の調味料を含んでいますが、農産物を原料に微生物の働きを活用する発酵法で作られたものを使用しています。

新だしの素

和の三大旨味成分を凝縮

従来のかつお風味だしの素に干し椎茸を加えました。鰹のイノシン酸、昆布のグルタミン酸、干し椎茸のグアルニン酸と、三大旨味成分を凝縮した「合わせだし」です。アミノ酸等の調味料は使っていません。
(タイプ:顆粒)

かつおリッチだしの素

本枯節と荒節を贅沢に配合

乾燥とカビ付けを繰り返して熟成させた本枯節と燻したての強い香りと旨味を持つ荒節。配合比率を30%まで高めた2つのかつお節と、昆布、干し椎茸との新たな旨味をお楽しみ下さい。アミノ酸等の調味料は使っていません。
(タイプ:顆粒)

※一般に8%以上の配合でかつお風味だしと言われます。

鰹節へのこだわり
だしの素誕生ストーリー

メッセージ

美味、安心、元気
元気の源は朝一杯の味噌汁から

本来、和食の基礎となる出汁は、かつお節、昆布、しいたけ等を使ってとるもの。しかし、時間に追われる現代人にとって、手間暇かけて調理する事が大きな負担となっているのも事実だと思います。

日食はその工程を省きながらも、伝統ある和食を手軽に美味しくお召し上がっていただくことを主眼として取り組んでまいりました。

日食だしの素を販売開始した昭和48年は高度経済成長の終盤。飽食の時代に突入し外食化や即席化が進んだ時代でありました。
そんな時代を経ても、弊社のだしの素は、各ご家庭の変わらぬ「おふくろの味」を支えてきたという自負があります。

忙しい現代を生きる全ての料理人へ。
弊社のだしの素が、少しでも皆様の食生活のお役に立てば幸いです。

日本食品工業株式会社
代表取締役 中西和夫

ご購入はこちらから

それぞれに個性がある赤白青 三種類のだしの素

▲ページの先頭へ戻る