日食かつお風味だしの素 「かつお節」へのこだわり

かつお風味だしの素の主役は、なんと言っても「かつお節」。
昭和48年の商品誕生から変わらない、原材料である「かつお節」の風味と香り。
今日も鹿児島県枕崎の職人が、昔ながらの手法で、ひとつひとつ丁寧に、豪快に、作っています。

職人の手で作る、渾身の「かつお節」

日食だしの素に使用される鰹節は『荒節』と『本枯節』の二種類。
日食だしの素と新だしの素には『荒節』。
かつおリッチだしの素には『荒節』と『本枯節』の二種類が使用されています。

『荒節』は鰹の香りがどことなく残っていて、インパクトのある美味しさと風味を感じる事が出来ます。
一方『本枯節』は黴付けを繰り返す事で、うま味が凝縮され脂肪分が抜け、清涼で深みのなる出汁がとれます。
それぞれに良い個性があり、美味しいだしの素の原材料には欠かせません。

かつお節づくりは全て職人による手作業。
下処理から、焙乾、骨抜き、黴付けまで、工程ひとつひとつに丁寧に時間をかけ、風味と薫りを凝縮させた鰹節ができあがります。


枕崎の漁港に水揚げされたばかりの鰹を、職人が豪快に、迅速に、さばきます。

薪の炎で14日間、燻し冷ましを繰り返して水分量を調整する「焙乾」。

じっくりと丁寧に燻す。鰹節づくりに焦りは禁物です。

本枯節の場合には『黴付け』という重要な工程を経ます。

そうして出来上がった鰹節は、脂肪分が抜け、うま味がぎゅっと凝縮された渾身の品。
日食だしの素工場に送られた後は、昆布や椎茸といった原材料と配合され、だしの素としてお客様の元へ届けられます。

日食かつお風味だしの素 商品ラインナップ一覧へ

▲ページの先頭へ戻る