カレールウ

1箱
20箱入ケース
購入数

国内産契約栽培小麦粉と植物性油脂を使用した口当たりの優しいカレーが作れます

主原料は国内産契約栽培小麦粉を使用。
ご存知ですか?丹念に炒った小麦粉は、それだけで甘味があっておいしいんです。

目指したのは、市販で出回っているような刺激的な辛さではなく、口当たりの優しさ。
お子様からお年寄りまで、老若男女、皆様にお楽しみいただけるカレーです。

ルウイメージ
内容量 230g(115×2段)
原材料名 小麦粉、植物性油脂、カレー粉、食塩、砂糖、トマト、畜肉エキス、酵母エキス
賞味期限 12ヶ月
配送形態 通常便
アレルギー表示について アレルギー表示に関して様々なケースが考えられますので、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。(TEL0120-039-249)

日食カレールウ 誕生のストーリー

日食『カレールウ』は大味研(大阪府枚方市)の味を継承し、境港から全国のお客様にお届けしています。

ひとりの職人の技と心を引き継ぐ

1987(昭和62)年に販売開始された『カレールウ』。国内産契約栽培小麦粉と植物性油脂、ターメリックなど香りのスパイス、調味料を厳選し、直火釜で丁寧に仕上げた逸品です。

“誰もが好きなカレーだからこそ、安心できるおいしさの製品を届けたい”―弊社の思いに応え、開発から製造まで担っていたのは、かつて大阪は枚方市にあった(有)大味研でした。

創業者の坪田信二社長は、大手食品会社でカレー製造に携わっていましたが、大量生産や効率化を優先する大手メーカーの経営方針に、疑問を抱き退社。製造コストを省き、見た目を良くするための添加物を使うことなく、本物の食品づくりを目指して独立した職人です。

いつも「カレーは、香りのハーモニーを楽しむ食べ物。ルウに含まれる食材全体が、健全なハーモニーを持っていなければならない」と語っていた坪田社長。丹念に時間をかけて小麦粉を炒め、絶妙にブレンドされたマサラスパイス、こだわりの調味料が一つになり、胃もたれしない、食べ飽きない味のカレールウを送り出したのです。

坪田社長は、健康上の理由で現在は勇退されていますが、その思いと技術は、長い時間をかけて、私たち日本食品工業に引き継がれました。

2007年10月、(有)大味研は、日本食品工業本社の敷地内に設備を移転。坪田社長からバトンを継いだ中西和夫社長の下、現在2名のルウ職人を中心に、変わらぬおいしさをお届けしています。

 
ルウイメージ

日食カレールウ こだわりの製造工程

吟味した原料を丁寧に直火釜仕上げ
ルウ製造からパッケージングまで社内で一貫生産しています。

2007年から稼働する境港工場は、5基の直火釜を配し、徹底したクリーンポリシーと計画的な原料管理、機械による正確な充填・パッケージングと、安心できるおいしさのルウを作る環境が整った施設です。こちらでは自社のルウ製品だけでなく、大地を守る会(東京)やEМ生活(愛知県)など、安全性に配慮した食品・食材の宅配事業者のOEМ受託製造も行っています。

ルウ工場イメージ
清浄

工場入室時はふたり一組となって、ローラーとエアシャワーで念入りに清浄します。

ルウ工場イメージ
直火釜

その日の気温や湿度により微妙な火加減が要求されるため、直火釜を使っての手作り製法を貫いています。

計量

いつでも同じ味を作り続けるため、原料の計量には細心の注意をはらいます。

ルウ工場イメージ
仕込み

まず、直火釜で80℃まで熱した植物油(パーム油)に小麦粉を加え、ダマにならないよう丁寧に炒めます。さらにトマトピューレなどの液体調味料を加え、全体がなじむよう、撹拌しながら加熱していきます。

煮込むこと約2時間。ルウのベースが115℃に達したところで、釜の火を止めます。

ルウ工場イメージ
調味料投入

食塩、沖縄産サトウキビ由来の本和香(ほんわか)糖で味を調え、植物油を追加します。その後、一点のダマも見逃さず、ザラツキが無くなるまで丁寧に撹拌していきます。※ルウの色み・味・香りを強調したり、保存性を高めるような添加物は、一切使用しません。

ルウ工場イメージ
カレースパイスで仕上げ

いよいよ仕上げの工程です。ルウベースに主役のカレースパイスを投入したら、全体がよく馴染むように撹拌し、なめらかにするために裏漉しします。カレースパイスを投入以降、すべての材料のハーモニーとなめらかさを作り出すため、1時間以上を要します。

ルウ工場イメージ
充填

出来上がったルウを、まだ熱いうちに専用機に移し、一つひとつ容器に充填していきます。エアコンは使えないので、夏場は暑さとの戦いです。

ルウ工場イメージ
凝固

充填したルウは素早く冷却→乾燥させ、固形へ。均一でムラのない品質を目指すため、気を抜くことはありません。

ルウ工場イメージ
パッケージング

一つひとつシーリングしたら、カレールウの完成です。1パック(115g)で6人分のカレーを作る事ができます。

お客様からのご感想

市販のルーに戻れない

(50代・女性)

食べた後の胃もたれなし。無添加安心。お鍋のこびりつきが簡単に落ちる。超激辛物が好きな私が不思議と満足する万人向きの辛さと美味しさ。何につけても 今 このカレールウが気に入ってます。

安心

(40代・女性)

添加物が多い市販のルーは、なるべく避けたいと思いこちらに落ち着きました。仕上げに牛乳を加えると子供達のお気に入りのカレーに仕上がります。こっくりとして美味しいです。

胃にやさしいカレー

(60代以上・女性)

油脂がたっぷりの市販のカレーと違い、食べたあと胃腸に負担がかからないので安心して食べられます。中辛タイプが出来れば星五つになるのですが。

美味しいです。

(30代・女性)

3年くらい前からカレーの時はこちらのルウを使用しています。
スーパーで売っている市販のルウには添加物が入っていますが、こちらのルウにはその心配がありません。
5歳の息子もこちらのルウのカレーが大好きで、常に切らさないようにストックしています。

なくてはならないものです。

(50代・女性)

一度、自然食品のお店で購入してから、ずっと愛用しています。それほど辛くはないのですが、風味がとてもよくて、子供たちには大人気なのです。これからも、子供が大きくなっても、買いたいです。

(40代・女性)

他の方も書かれていますが、優しい味のカレーでした。あまり辛くはないですが我が家はこの味結構好きだったりします(^O^)安心出来るルーですので又リピしま〜す♪

懐かしい学校給食の味

(30代・男性)

辛さの面で物足りませんでしたが、とてもまろやかでコクのある味でした。
小学校の学校給食を思い出しました。

お使いいただいた商品のご感想を投稿されませんか?
当ショップで1ポイント1円としてご利用いただける100ショップポイントを進呈いたします。